【中学、高校から大人まで】元人見知りの僕がおすすめする人見知りの治し方!

スポンサーリンク
生活
スポンサーリンク

どうも!ぐっくんです!

初対面の人が苦手・人付き合いが苦手・人前で自分を表現できない・などなど、「人見知り」に悩む方も多いと思います。

「人見知り」も個性であり短所ではありません。「自分はそういう人」と、悩まない方は、無理に直す必要はないです。

しかし、「もっと人付き合いが普通にできたら」「もっと人前で自分を表現できたら」「もっと人と普通に話せたら」と悩んでいる方もいるはずです。

そんな、みなさまのために、ここでは「人見知りを直す方法」を僕の経験談を交えてご紹介させていただきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

1:人見知りの特徴

まずは人見知りとはどんな特徴があるのかについては下記をご覧ください。

・初対面の人と上手く話せない
・人前にいると無口になる
・よく知る仲の相手とは普通に話せる
・積極的に人とコミュニケーションを取れない

主にはこういった特徴があります。度合いは人によって変わります。

第三者から見るとコミュニケーション障害なのでは?と思われてしまうこともあります。

1-1 人見知りになってしまう心理

・自意識過剰
 周りからの評価が気になる、気にしすぎ

・完璧主義
 間違えてはならない、上手くやらなければいけない

・失敗への不安や思い込み
 これから起こる事への過度な不安

・強がり
 打ち解けるのに相当な時間を要する

・あきらめ・開き直り
 一人が好き、一人で行動するのが楽

このような心理が隠れていて実は真面目で優しいタイプの人に多いのが特徴です。

自分で言うのも恥ずかしいですが真面目で優しいはよく言われる褒め言葉ランキング上位ですね笑

しかしその反面、

・周りからの評価が気になる
・自分の言動に自信が持てない

といったネガティブな心の状態が、人見知りへとつながっています。

大体の人がこれに当てはまると思います。僕も若い頃は友達や先輩の評価などに怯えていましたね。

POINT:人見知りは、周りに気を配れる真面目な人に多い人見知りは様々なタイプに分かれる。

2:人見知りの4つのタイプ

実は人見知りといっても様々なタイプがあります。その4つのタイプをご紹介します。

2-1 人の目を気にしてしまう自意識過剰タイプ

「こんなこと言ったらどう思われるだろう…」と、とにかく周りからの評価が気になってしまう人見知りは、自意識過剰タイプです。

・自分が周りからどう見られているのか
・嫌われたらどうしよう

このようなことに意識が向いてしまい、仲良くなるまでに相当の時間がかかったりします。

自分の発言によって相手がどう思うだろうかという気遣いや言葉を選ぶことは大切です。

しかし、裏を返せば自分の評価を気にしている気持ちの表れでもあります。

相手の気持ちを気にしすぎている方は、同時に自意識過剰でもあるということです。

全く知らない人にさえ悪い風に思われていないかなとネガティブになることがしょっちゅうですね。

2-2 自信はないけど完璧主義者タイプ

「完璧でないといけない」と自分を追い込んでしまうタイプの人見知りです。

・自信の無さから会話の時に緊張してしまう
・失敗を恐れて人との関わりを避けてしまう

アドリブが苦手、人前で話す時はあらかじめ決まった台本がないと喋ることができない、そんな経験がある方は完璧主義者タイプといえます。

よく上司や先輩なんかに無茶振りをされた日にはもう手汗はぐっしょり、頭は真っ白に僕はなります。

2-3 プライドが高い「デキる人」タイプ

負けず嫌いな性格な人ほど、なにかと人と比べてしまう傾向があり、自分が失敗することが許せないという人に多いタイプです。

・人に甘えることができない
・あまり人に相談ができない

いわゆる仕事や勉強などが「デキる人」に多く、上下関係がはっきりしている相手や自分に好意的な相手には普通に話すことができます。

逆に、歳の近い相手や自分より優れていると思う相手に対しては途端に話すことに苦手意識を持ってしまい、関わりを避けてしまうといった行動をとります。

プライドが高いこのタイプは、なかなか自分の気持ちをさらけ出すことができません。

敵対意識?みたいなものを持ってしまうせいかこれもよくありますね。

2-4 殻にこもって諦めてしまうタイプ

過去に理解してもらえなかった経験や面倒な人付き合いを避けるために自ら「近付かないで」オーラを出してしまうタイプです。

「どうせわかってもらえないし」
「一人でいる方が気楽でいい」

と思うことが多いこのタイプは、本当は人と接することが好きだったりします。

このタイプは気遣いできる人にも多く、頼まれごとは自分が大変になるとしても引き受けてしまうといういわゆる「いい人」というケースによく見られます。

POINT:人見知りには様々なタイプや特徴があるが、共通点は自分の考え方によって作り出されているということ。そして、自分に自信を持てないという方にも多いのが特徴。

3:人見知りの改善方法

自分の人見知りのタイプがわかってきたところで実際にどうやって改善したかその方法をご紹介します。

3-1 自信をつける

先程書いたように、人見知りの人というのはそもそも自分に自信がない人が多いと思います。まずは自分に自信をつける作業をしましょう。

でも自信なんてそう簡単につかないよ!そう思う方もいるのもわかります。

僕が行った自信をつける作業をご紹介していきます。

  • 自分の好きなものをとことん追求する

僕は服が大好きだったのでかっこよく見えるコーディネートや人とは違ったスタイルを追求しました。その結果、友人などからはオシャレだね、センスがいいねと褒めてもらえることが多くなりそれがそのまま自信へと繋がりました。

  • 積極的に人と話してみる

人見知りの方は相手に対して壁を作ってしまうことが多いかと思います。そんな時はまず自分の心をオープンにして相手に興味を持ってみる。相手に面白い返事ができないとしてもそれはあなたの個性です。人は話してる時に相手が真剣に聞いているかというのはなんとなくわかるものです。「話し上手」になる必要はありません。「聞き上手」になればいいのです。話す回数を増やすことで会話するということに慣れてきます。僕は元アパレル店員で人と話す機会が自然と多くなったのでその経験がかなり改善に影響しています。

  • 自分の長所を考えてみる

長所は裏を返せば短所です。それは逆の場合でも同じです。人見知りの人は「人見知り」という短所のことばかりを考えてしまうと思いますが長所がたくさんあるはずです。僕の長所を考えた時に人を観察していたり、物事を深く考えることが得意だったりします。何にでも良い面があれば悪い面もある。誰とでも接することができて仲良くなれるというのは長所ですがあなたより優れているわけではありません。

3-2 考え方を変える

人見知りの方は物事を「難しく」考えてしまいがちです。そこからネガティブな考えになってしまい殻に閉じこもってしまいます。

そんなあなたはまず考え方を変えてみましょう。

  • 自分が思うほど相手は気にしていない
  • 全員に好かれることは無理
  • 会話は途切れて当たり前

こういった考え方を持ちましょう。人見知りの方に共通して言えるのが「嫌われることを恐れている」。これもかなり大きな原因です。日本だけで見ても1億人以上の人が暮らしています。そんなにたくさんの人がいるのであれば嫌いな人がいても何もおかしいことではありません。全員に好かれようとすると単純に疲れてしまいますよね。自分が大切だと本当に思える人を大切にする。それだけで十分です。

3-3 姿勢を正して自分から挨拶してみる

これも実はかなり効果的です。あなたは下を向いていることが多いですか?そうしたらまずはそれを治しましょう。背筋をピンと張るだけでも少し自信が湧いてきた気がしませんか?背筋がピンとしていればある程度、他人からネガティブに見られることも減るはずです。

そして挨拶は人とのコミュニケーションにおいてかなり重要です。常日頃から自分から挨拶を心がけることで人への抵抗や不安感を徐々に薄くなっていきます。挨拶はコミュニケーションの入り口、まずはハッキリとした声で少しずつでいいので挨拶をする習慣をつけましょう。

3-4 相手を褒めてみる

会話の内容に困った時は相手を褒めてみましょう。褒められて気分が悪くなる人というのはほとんどいないです。相手の身に着けているもの、髪型、行動や性格など褒めるポイントはいくらでもあります。相手を褒めようと意識することで自然と相手に「興味を持ちます」。これは人見知りを治していく上でもとても重要です。

しかし注意として褒めた時に「適当に言ってない?」「嘘なんじゃない?」と思う方もいます。そういう時は具体的に「今日着ている服はいつにも増して大人っぽいですね」など”何が”、”どういいのか” と詳しく伝えるのが良いです。

POINT:考え方を変えて自分に自信をつけていきましょう!ありきたりですがみんな違ってみんないいのです。まずは自分を認めて受け入れることが大事です。

4:まとめ

性格の問題なので悩む人も多い「人見知り」….。

ですが決して人見知りは短所だけではないということを理解しましょう!

自分の本来の性格を認めて受け入れる、そしてどんな人にも向き不向き、良さ悪さがあります。

僕は人見知りを改善して悩むことも減り、とても生きやすくなりました。そんな人が一人でも多く増えてくれたらと思います。

以上、元コミュ障の僕がおすすめする人見知りの治し方!

この記事を書いた人

名前:ぐっくん

説明:元アパレル販売員。「より豊かな生活」を人生のテーマにしている26歳。5年ほど勤めた販売員から転職しエンジニアへ。

instagram:@gwok_93

twitter:@gwok_93

コメント

タイトルとURLをコピーしました