【過去最低】男女平等指数、日本は121位!?理由は?指数の出し方は?他の国々など

スポンサーリンク
ニュース
スポンサーリンク
引用:https://www.sankei.com/premium/news/190201/prm1902010007-n1.html

日本は121位!

男女格差の大きさを国別に比較した世界経済フォーラム(WEF)による、「グローバル・ジェンダー・ギャップ指数」2019年版が12月17日に発表された。

日本は、調査対象となった世界153カ国のうち、121位(2018年は110位)。

過去最低の順位だった2017年の114位(同年の調査対象は144カ国)よりさらに下位となった。主要7カ国(G7)で最低だった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191217-00010001-huffpost-soci
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ジェンダーギャップ指数は「男女の格差」だけを扱う

ジェンダー・ギャップ指数は、経済・教育・健康・政治の4分野14項目のデータを元にして、各国の男女の格差を分析した指数。各分野での国の発展レベルを評価したものではなく、純粋に男女の差だけに着目して評価をしていることが、この指数の特徴。

4分野の点数は、いくつかの小項目ごとの点数で決まる。小項目を集計する際は、標準偏差の偏りを考慮したウェイトをかけている。 ただし、4分野の点数から算出される総合点は、4分野の平均になっている。スコアは1を男女平等、0を完全不平等とした場合の数値。

なぜ日本は低い?前年との違いは?

日本が例年、低い順位にとどまっている主な理由は、経済と政治の分野のスコアが著しく低く、いずれも100位以下となっているからだ。今年もその傾向は改善されることはなく、経済は115位(2018年は117位)、政治は144位(同125位)となった。4分野を2018年との比較で見てみると、経済と健康は少しだけ上昇し、政治と教育が下落したという結果になっている。今年の順位の下降は、教育分野も大きな引き下げ要因となっている。教育は91位(2018年は65位)で、小項目では中等教育への就学率が128位(同1位)まで転落したことが、全体の順位を大きく変動させた。

https://www.huffingtonpost.jp/entry/story_jp_5df74276e4b047e8889fdd98?ncid=tweetlnkjphpmg00000001
引用:https://www.huffingtonpost.jp/entry/story_jp_5df74276e4b047e8889fdd98?ncid=tweetlnkjphpmg00000001

「経済的機会」分野の評価項目別の内訳では、収入での男女格差(108位、スコア0.541)や管理職ポジションに就いている数の男女差(131位、スコア0.174)、専門職や技術職の数の男女差(110位、スコア0.680)などが大きく影響している。

一方で、労働参加率(79位、スコア0.814)や同一労働での男女賃金格差(67位、スコア0.672)は、決して順位は良くないものの、他の項目と比べた格差は比較的小さくなっている。

引用:https://www.huffingtonpost.jp/entry/story_jp_5df74276e4b047e8889fdd98?ncid=tweetlnkjphpmg00000001

「政治的な意思決定への参加」分野の評価にあたっては、国会議員の男女比(135位、スコア0.112)、女性閣僚の比率(139位、スコア0.056)、過去50年の女性首相の在任期間(73位、スコア0)の3つの項目が使用されている。

教育」「健康」分野

教育と健康の2分野で、日本は満点に近い高いスコアを取っている。ただしこの分野は他の多くの国も高得点を取っているため、他の分野が低い状態では、順位は上がらない。 

他の国々は?

引用:https://www.nikkei.com/article/DGXMZO53440060X11C19A2EAF000/

世界では「政治」への女性参画が改善

上位の国々は1位から順に、アイスランド、ノルウェー、フィンランド、スウェーデン、ニカラグアだった。2019年は、世界では「政治」分野への女性の参画が改善したことで、全体としてジェンダーギャップが改善したという。世界全体で見ると、比較のために使用されている下院議員(日本では衆議院)では25.2%、閣僚では21.2%が女性で、2018年に比べてそれぞれ増えていた。これに対して日本の衆院議員は465議席中47人が女性。比率は10.11%(12月1日現在)で、列国議会同盟(IPU)によると、193カ国中162位。

https://www.huffingtonpost.jp/entry/story_jp_5df74276e4b047e8889fdd98?ncid=tweetlnkjphpmg00000001

各国の推移

17日、ことしの報告書が発表され、対象となった153か国のうち、

  • 男女格差が最も少ないのは11年連続でアイスランド、
  • 2位がノルウェー、
  • 3位がフィンランド、
  • 4位がスウェーデンで、例年どおり、北欧の国々が上位を占めました。

また、各国で女性の政治参画が進み、このうち、

  • スペインが去年より順位を21位上げて8位に、
  • エチオピアが順位を35位上げて82位になりました。

まとめ

日本では政治と経済の分野において男女格差が世界と比べてかなり広がっていますね。

政治に関しては普段から感じるほどに男社会になっているのは一目瞭然ですね。

女性が参加すれば良いということではなく、現状を改善するための方法として女性が政治に参入することがメリットになるのであればガンガン進めるべきだと思いました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました