【XROSS HOUSE】東京シェアハウスグループ クロスハウスの口コミは?シェアドアパートメント のメリット・デメリット

スポンサーリンク
生活
スポンサーリンク

ぐっくんです!

現在、クロスハウス(XROSS HOUSE)という会社が運営するというシェアドアパートメントスタイルが注目されています!

先生
先生

シェアドアパートメントとは「水回り」のみを共有するアパートのこと!

今回はそんなクロスハウスの口コミやメリット・デメリットについてまとめました!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

クロスハウス(XROSS HOUSE)はおすすめ?

まずは結論から!

1年以内に引越しを考えている方、初期費用を抑えたい方、上京を考えている方におすすめです!

クロスハウス(XROSS HOUSE)とは?

東京近辺のシェアハウス物件を運営している会社です。

シェアドアパートメント

(↑クロスハウスの公式HP↑)

クロスハウスの口コミ

ドミトリー以外にもSAタイプやアパートメントタイプがあるのも魅力ですね。

やはり家具が揃っていることとクーラーつけ放題はかなりのお得感。

不動産業界の方も注目されている新しい住まいのスタイル。

引越し料金がかかならいというメリットはかなりの魅力。

クロスハウスのメリット

  1. 初期費用が3万円で激安!
  2. 家具家電が完備!
  3. 退去費用も1万円で安い!
  4. 物件間を無料で移動できる。(家賃が違う場合は、家賃が変わる)
  5. 綺麗な物件もある。
  6. 個室型リビングなしの物件なら、一人暮らしとほぼ変わらない。

初期費用が3万円で激安!

通常、初期費用は家賃の3倍ほどがかかります。
仲介手数料や鍵交換費用などがかかってしまうので、家賃43,000円の物件で初期費用が12万円でした。

家具がついているので、揃える必要がない。

家具が初めから付いているので揃える必要がありません!引っ越したい時の手間も考えるとかなりメリットになります。

退去費用も1万円で安い!

1年以内に違う場所に移動する可能性が高い人にはオススメです。
通常、退去費用は住み始めて1年が経過しないと違約金として、家賃の1ヶ月分の支払いをする必要があります。

物件間を無料で移動できる。

物件間の移動は原則、無料でできます。
しかし、いくつか注意点があるので、デメリットの部分で解説しますね。

綺麗な物件もある。

個室型のシェアハウスは、リビングはないですが、すこし前に話題になった「かぼちゃの馬車」シリーズで新しいものなので綺麗です。

個室型リビングなしの物件なら、一人暮らしとほぼ変わらない。

今は個室型リビングなしの物件に住んでいて、キッチンやシャワー、トイレ等水回りだけ兼用の物件に住んでいるのですが、
ほとんど他の住人と出会うこともないので、一人暮らしとあまり変わりません。

ちなみにドミトリー型の物件でも、あまり交流はありませんでした。
基本的にリビングで仲良くわいわいみたいな感じはなかったです。

クロスハウスのデメリット

  1. 週に1回清掃が入っているらしいけど、汚い物件もある。
  2. 治安の悪い物件もある。(盗難など)
  3. 物件間を移動したくても、空いていない場合が多い。
  4. 運営の対応が微妙。
  5. 初期費用が安い分、家賃は高め。

週に1回清掃が入っているらしいけど、汚い物件もある。

ドミトリー型の物件は安いですが、基本的には建物が古いのであまり綺麗ではありません。

ドミトリー型の物件の中では、1番ましだと言っている人がいたので、
綺麗な物件が良い方は、個室型でリビングがないタイプがオススメです。
理由は、メリットの部分でも述べましたが、すこし前に話題になった「かぼちゃの馬車」シリーズで新しい建物で綺麗だから。

ただ、しっかり内覧をすればこのようなミスマッチは起きないのかなと思います。

治安の悪い物件もある。(盗難など)

目黒の物件では、6万円盗まれたとの報告も。
ただ、ロッカーはあるので、しっかり自己防衛すれば問題はないかと思います。

物件間を移動したくても、空いていない場合が多い。

当然ですが物件に空きがないと移動できません。。
思っているよりも、空いてないイメージです。

運営の対応が微妙。

物件間を移動する時には、移動申請用のURLがあり、そこで申請するのですが、
その物件が空いていない時に「その物件は空いていないので、空き待ち登録します。」とだけ、返信が来ます。

近い物件で空いている物件があれば教えてくれれば良いのに、、と思ってしまいますが、安いのであまり求めてはいけないかもしれませんね。

ただ、最初に物件をしっかり選べば急いで移動したい!という状態にはならないかと思うので、しっかり内覧しましょう・・。
問い合わせは電話でもできるので、急ぎの場合は電話すれば良いかと思います。

初期費用が安い分、家賃は高め。

板橋区の物件を例として、とある不動産で見たときは家賃が43,000円で、
現在は家賃50,000円なので、初期費用が安い分家賃は高めに設定されている気はします。
(記憶が正しければ、最寄駅は同じだったはず。)

まとめ

今回はシェアドアパートメントのXROSS HOUSE(クロスハウス)についてまとめました!

就活中の方、上京を考えているけど予算があまりない方、立地のいい場所に住みたい方などはかなりメリットがあるのではと思います!

あまりネガティブな評判は見られないので、これからの主流のスタイルになっていくかもしれませんね。

東京、家賃3万円~【シェアドアパートメント】

コメント

タイトルとURLをコピーしました