【ケンガンアシュラ】なぜ面白い?バキファンがあらすじや見どころを紹介!

スポンサーリンク
アニメ
スポンサーリンク
引用:公式HP

地上波での放送も決まり、現在ノリにノッているアニメ「ケンガンアシュラ」。

今回はこちらの作品について紹介していきます。

筆者は格闘が好きなのですがバキのようなと言ったら失礼ですが、事実そういった作品を探しておりました。

そんな中、ネットフリックスで独占配信中!との文言とあらすじを見て「これは面白そう」と思って早速見てみました。

めちゃめちゃ面白い!!!

この一言に尽きます。

そんな最高&最強な作品、ケンガンアシュラについての紹介をしていきます!

下記リンクより「ケンガンアシュラ」を無料で読む方法を解説しています!

【無料で読める】ケンガンアシュラをお得に読むには?4社を比較してご紹介!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ケンガンアシュラのあらすじ

それではまず簡単にあらすじを紹介します。

【あらすじ】

56歳のサラリーマン・山下一夫が突然、会社の会長に呼び出された!!

彼が知ったのは、日本経済の「裏」の顔ー

雇った闘技者の格闘仕合でビジネスを決める企業同士の代理戦争。

その名も、拳願仕合!!!

謎の闘技者・十鬼蛇王馬の世話係に任命された一夫は

拳願会会長の座を争い、日本一の企業と闘技者を決める

「拳願絶命トーナメント」に参加することになる。

果たして、山下一夫と十鬼蛇王馬の運命は!?

引用:https://manga.gamerch.com/ケンガンアシュラ

といった感じです。

平凡なサラリーマン、山下一夫が十鬼蛇王馬と偶然出会い、気づけば拳願試合に王馬とエントリーするといった流れです。

企業同士の戦いのため、社長+闘技者で1ペアです。

企業が選び抜いた選りすぐりの戦士を戦わせ合うといった流れです。

第一部のバキの世界最強トーナメントを想像していただければわかりやすいかと。

ケンガンアシュラの見どころ

ここからはケンガンアシュラの見どころについてお話ししていきます。

たくさんあるのですが、その中でも特に筆者が感じる見どころをピックアップしてご紹介していきます。

拳願絶命トーナメント

なんと言ってもケンガンアシュラのメインストーリーは32社の企業が選び抜いた闘技者同士を戦わせ行う「拳願絶命トーナメント」。

その名の通り絶命するまで戦うという壮絶なバトル。

実際、死亡するキャラもいるのですが基本的にはバキ同様、大体の選手が生きています。

トーナメント方式自体、筆者は大興奮なのですが、バキ以上にキャラクターの個性が強いと思います。

全選手、普通に考えたらありえない身体能力なんですがそれを気にさせないほど面白いです。

キャラクターが個性的

上述しましたが、キャラクターが本当に魅力的です。

トーナメント中は、試合中に選手のバックボーンが語られるため、視聴者もすんなりと突飛な技や展開についていけます。

こいつは一体何をするんだ!?って毎試合ワクワクします。

バトルものってキャラクターの背景が見えないとなかなか応援する気にもなれませんよね。

しかもこのナレーションがアニメ「カイジ」などのナレーションをされてる方と一緒なんです。

めちゃめちゃ格闘漫画向きの声だなと思います。

「極悪」みたいなやつもいれば「好青年」みたいなキャラクターもいたりとキャラが被っている選手は当然ですがいません。

選手の職種も様々で医者や漁師、傭兵など様々。

その各々の特性を生かして選手たちは戦うのですが、それが背景と合わさることによってさらに説得力が増すんですよね。

ありえないことばかりなのですが「ありえない」っていう感情がまず湧いてきません。

気づけば勝敗の行方に釘付けです。

補足なのですが、企業も僕らにお馴染みの企業が続々参戦しています。

正確には正規のロゴを少し変えたものになりますが。任○堂などなど。。。

バトル描写が素晴らしい

アニメ「ケンガンアシュラ」はバトルシーンにおいてはCG表現を用いています。

ですのでより滑らかで戦いがどのように進行しているかが非常にわかりやすいです。

バトル漫画って早すぎて何やってるかよくわからない….なんてこともありますよね。

効果音や傷の具合なども非常に鮮明で、対戦が佳境に進むにつれてどんどんのめり込んでいってしまいます。

対戦の展開も非常に素晴らしく、「勝った!」と思ったらそこから二転、三転と展開があり、最後までどちらが勝つか全くわからないです。

トーナメントでの登場が初めての選手も多く、どのキャラがどういった個性を持っているのかわからない分、誰が勝ち上がるか読めないです。

主人公は当然なんですけど、すでに登場しているキャラって思い入れもあったりと多分勝つだろうみたいなとこがわかってしまいますよね。

そうなるとどうも冷めてしまうというか。

しかしケンガンアシュラはどの試合も確実に最後まで楽しめます。

山下一夫の存在

そして忘れてはならないのが山下一夫という存在。

バキとの大きな違いはこの点と言ってもいいでしょう。

バキはあくまで闘技者の目線で物事を語られることが多く、プラスでそれ以外の一般人も感覚が現実離れしすぎています。

しかし山下一夫は本当に平凡なサラリーマン。

あくまで常人としての感覚を持ち合わせているため、「そんなのあり?」みたいな展開には視聴者のようにツッコミを入れたりします。

その笑いと緊張が相まってダレることなく見れるのかと。

そして現実離れすることなく、現実世界でも起こってもおかしくないのかもという感情にさせられます。

先ほども書いたように、あまりに現実離れしすぎると格闘漫画なんかは特に展開に飽き飽きしてしまいます。

はっきり言ってついていけない。

それを絶妙なバランスで保っているのが山下一夫なんです。

まとめ

いかがだったでしょうか?

アニメは新シーズンも始まり、さらに盛り上がっていくのではと思っております。

ブームになるほどになったらこれまた面白いですね。

地上波での放送もあるので視聴者はグッと増えるのではないかと予想しています。

アニメの方はトーナメントも終盤に差し掛かってきており、かなり熱い展開になっているのでぜひ見てみてください。

アニメ「ケンガンアシュラ」を無料で見るには

コメント

タイトルとURLをコピーしました