【ケンガン ULTIMATE BATTLE】ケンガンアシュラのアプリゲームの概要や感想のまとめ

スポンサーリンク
アニメ
スポンサーリンク
引用:たなげー

アニメの地上波放送も決まり勢いが止まらない「ケンガンアシュラ」。

そんなケンガンアシュラにアプリゲームがあるのをご存知ですか?

筆者もつい最近知りまして、実際にプレイしてみたのですが、原作ファンの方にはたまらないのでは?といった内容となっています。

今回はそんなケンガンアシュラのアプリゲーム【ケンガン ULTIMATE BATTLE】についてまとめました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ケンガン ULTIMATE BATTLEの概要

『ケンガンULTIMATE BATTLE』公式PV

サイバードと小学館マンガワン事業室は、2019年6月12日より格闘漫画『ケンガンアシュラ』のスマホ向けアプリ『ケンガン ULTIMATE BATTLE』の配信をAppStoreとGooglePlayで開始した。

引用:ファミ通App

本作はケンガンアシュラの世界でプレイヤーは企業の社長となり、”闘技者”をスカウト。

そしてスカウトした選手を用い、”拳願試合”に臨みます。

キャラクターを育てて試合に挑む、というのが本作の流れで、公式では筋肉育成バトルRPGとなっています。

ケンガン ULTIMATE BATTLEのゲームシステム

引用:4Gamer

では、ここらはケンガン ULTIMATE BATTLEのゲームシステムについて解説していきます。

ゲーム内キャラクターは全て、原作も手がけておられる「だろめおん先生」が書き下ろし!

これもファンからしたら嬉しいですね。

これを見るためだけにゲームをダウンロードしてもいいくらい。

バトルシステム

ケンガン ULTIMATE BATTLEのゲームシステムはRPGということでターン制になっています。

ターン毎にスキルポイント(SP)が溜まっていくのですが、それを使い攻撃などを繰り出していくといった流れです。

複雑な操作などはあまり必要なく、シンプルなので感覚的にサクサクとプレイできるかと思います。

操作技術よりは戦略が非常に重要になってきます。

必殺技で原作コマが挿入される点やナレーションもしっかり流れる点もポイントです。

ストーリーシステム

企業活動(ストーリー)はすごろく形式で進んでいきます。

サイコロを振って止まったマスで様々なイベントが発生します。

お金をゲットしたりバトルをしたり。

お金を企業をレベルアップさせたり、キャラクターの育成に使用することができます。

育成システム

闘技者はスキルと筋肉を育てることができます。

闘技者の特性にあった育成をすることで、より強いキャラクターへと成長していきます。

定期的にライバル(他ユーザー)と対戦する大会が開かれます。

オンライン対戦も可能ということですね。

企業序列というランキングみたいなものもあるのでやりこむには持ってこいのシステムです。

ケンガン ULTIMATE BATTLEの登場キャラ

登場キャラクターはかなり豪華です。

なんと拳願絶命トーナメントに参加している32名全てを扱うことができます。

そして全てだろめおん先生の書き下ろし。

とんでもないボリュームとなっています。

ケンガン ULTIMATE BATTLEの良い点、悪い点

ここからは実際にゲームをプレイした感想を解説していきます。

良い点、悪い点と合わせて紹介しますのでダウンロードを検討している方はぜひ参考にしてください。

ケンガン ULTIMATE BATTLEの良い点

ケンガン ULTIMATE BATTLEの良い点

・バトルシステムが簡単でわかりやすい

・やり込み要素が豊富

・ガチャやイベント更新がある

・バトル中は原作シーンが大量に使われている

・原作ファンをよく理解した演出

ゲーム全体のやり込み要素が豊富だなと感じました。

バトルシステムも簡素で非常にわかりやすい。

すごろくシステムも対戦の箸休めのような感覚で楽しいです。

ケンガン ULTIMATE BATTLEの悪い点

ケンガン ULTIMATE BATTLEの悪い点

・レベルを上げるのが大変

・フリーズが多い

・ガチャの難易度が高い

気になった点はこの辺りでしょうか。

レベルを上げることと、ガチャでレアアイテムが出づらい点が気になりました。

フリーズも割と起こります。

しかしアプリ自体も2019年にリリースされたばかりなので今後、改善されていくでしょう。

レビューなどを参考に開発者側もより良くしていこうとされているようです。

まとめ

いかがだったでしょうか?

難易度は高めですが操作などは比較的簡単にできるので気になっている方は一度遊んでみるのもいいかもしれませんね。

筆者もガツガツとレベルを上げていきたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました