【逆転有罪】実の娘に性的暴行 なぜ二審で無罪から有罪に?被害者女性が明かした本音とは?

スポンサーリンク
アニメ
スポンサーリンク

2017年に愛知県で当時19歳の実の娘に性的暴行をしたとして、準強制性交等罪に問われた男性被告(50)の控訴審判決で、名古屋高裁(堀内満裁判長)は12日、無罪とした1審・名古屋地裁判決(19年3月)を破棄し、懲役10年を言い渡した。

yahooニュース

こちらの事件の判決が本日、言い渡されました。

ネット上でもトレンドに上がるほど注目されていた事件であったため、世間からは「ほっとした」、「有罪になって良かった」という声も多数みられます。

ではなぜ今回の事件は一審では無罪、二審では逆転有罪となったのか?

そちらの理由についてまとめています。

この記事でわかること

・一審が無罪だった理由

・二審で有罪になった理由

スポンサーリンク
スポンサーリンク

一審の判決が無罪だった理由は?

一審判決によると、父親は娘が小学生の頃から虐待し、中学2年生の頃に性的虐待を始めた。地裁支部は、娘に性行為の同意はなく、長年の虐待で父親の精神的支配下に置かれていたと認めた。一方、過去に抵抗して拒んだことがあったなどとして、「人格が完全に支配されていたとは言えない」と指摘。事件当時、抵抗することが著しく困難な「抗拒(こうきょ)不能」の状態だったと認定するには合理的な疑いが残ると判断した。

朝日新聞digital

裁判所側は、被害者女性が”抵抗することはできたがしなかった”として無罪判決を下したんですね。

今回の事件では相手を抗拒不能(身体的・心理的に抵抗するのが著しく難しい)の状態にさせたり、その状態につけこんだりして性行為をした場合に成立するため、抗拒不能の認定が争点でした。

一審は、性的虐待を拒めた経験などもあるとして「被告の意向に全く逆らえない状態とは言えない。抗拒不能とは認められない」と無罪判決。

これに対して検察側は「一審判決は従来の裁判例と比較すると、抗拒不能を限定的に捉え誤っている」と控訴していました。

一審の判決結果がきっかけでフラワーデモ

フラワーデモという言葉を耳にしたことがある方は多いと思います。

今回の事件はそのフラワーデモのきっかけとなる事件でした。

フラワーデモ」は、2019年3月に続いた性暴力の無罪判決を受け、作家の北原みのり、エトセトラブックス社長の松尾亜紀子等が呼びかけ、4月11日午後7時、東京駅行幸通りではじまった。被害者によりそう#WithYouの声を上げるために、その象徴として花を持ち寄り集まろうと呼びかけた。この日、東京駅には当日450人以上が花を持ち集まった。この日をきっかけに、翌月には福岡の女性たちが声をあげ、正式に「フラワーデモ」と名付け、5月11日には東京、大阪、福岡でデモが同時開催された。

wikipedeia

二審で逆転有罪の理由は?

控訴審では、1審判決後に娘を精神鑑定した女性医師が「性的虐待など幼少期からの不適切な養育環境で無力感が強められ、性交を求められても精神・心理的に抵抗できなかった」などと証言。検察側は「長期間の性的虐待で抵抗や拒絶の意思が奪われ、事件当時、精神・心理的に抵抗できなかった」と訴えた。一方、弁護側は「女性医師の鑑定は事件から2年経過しており、信用性は乏しい」と控訴棄却を求めていた。【川瀬慎一朗】

yahooニュース

女性医師の鑑定により、被害者女性は抵抗したくてもすることができなかったという判断が下されました。

前述した、「抗拒不能であると認められた」ということになり、争点であった点が逆転してことによる有罪判決になったんです。

被害者女性が語った本音とは?

今回の判決後、被害者女性がコメントを発表されました。

以下が原文になります。

 私は、実の父親からこのような被害を受けてとても悔しい気持ちでいっぱいです。「逃げようと思えば逃げられたんじゃないか。もっと早くに助けを求めたらこんな思いを長い間しなくて良かったんじゃないか…」。そう周りに言われもしたし、そのように思われていたのはわかっています。でも、どうしてもそれができなかった一番の理由は、幼少期に暴力を振るわれたからです。「だれかに相談したい」、「やめてもらいたい」と考えるようになったときもありました。そのことを友達に相談して友達から嫌われるのも嫌だったし、警察に行くことで弟達がこの先苦労するのではないかと思うと、とても怖くてじっと堪え続けるしかありませんでした。次第に私の感情もなくなって、まるで人形のようでした。被害を受けるたび、私は決まって泣きました。「私にはまだ泣ける感情が残っている」ということ、それだけが唯一の救いでした。私が一人っ子だったら、何も迷わずにもっと早くに訴えられていたかもしれません。やっぱり大切な弟たちのことが心配だったのです。 そんな弟たちと離れなくてはいけなくなること、生活が大変になるかもしれないこと、ただそれだけを考えると、嫌でも仕方なくてじっと我慢するしかできませんでした。今も弟たちに会いたい。話したい。その気持ちでいっぱいです。今も会えないのは苦しいです。

朝日新digital

胸がとても苦しくなりますね。

抵抗することができない幼少の頃に虐待の経験を受けるとこういった風に考え込んでしまう方が筆者の知人にもいます。

自身が体験したわけではないですが、被害者の気持ちを考えると非常に辛く悲しい気持ちになります。

今回の逆転判決により被害者の方の心が少しでも晴れてくれたらと願うばかりです。

世間の反応

やはり世間からは有罪になってよかった、ほっとしたといった意見が多く見られます。

今回の判決が覆ったことによって世間の方の気持ちも少なからず前向きな気持ちになれたのではないでしょうか。

まとめ

記事のまとめ
  • 一審で無罪だった理由は「抗拒不能」であると認められなかったため
  • 二審では一転、「抗拒不能」であることが認められ有罪判決

コメント

タイトルとURLをコピーしました