【ケンガンアシュラ】黒木玄斎とは一体何者?声優や詳細まとめ

スポンサーリンク
アニメ
スポンサーリンク

アニメ化もされ大人気のコミック「ケンガンアシュラ」。

その中でも異色の存在感を放つ存在、黒木玄斎。

原作を知らない方はどんな人物かそこまで知らないと思います。

そこで今回はそんな「黒木玄斎」についてまとめました!

下記リンクより「ケンガンアシュラ」を無料で読む方法を解説しています!

【無料で読める】ケンガンアシュラをお得に読むには?4社を比較してご紹介!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

黒木玄斎のプロフィール


通称
“魔槍”
所属企業モーターヘッドモータース(企業序列23位)
身長185cm
体重96kg
拳願仕合戦績拳願仕合初参戦
企業獲得資産
年齢51歳
誕生日
CV玄田哲章

下記リンクからケンガンアシュラに登場している女性キャラの詳細も見れます。

【ケンガンアシュラ】呉迦楼羅(クレ・カルラ)とは一体何者?声優や詳細まとめ

【ケンガンアシュラ】秋山楓の詳細や、ファンでも知らない「あの回数」が歴代最多!?

【ケンガンアシュラ】檜山瞬花の声優や詳細情報のまとめ

黒木玄斎の概要

沖縄発祥の殺人拳法・怪腕流の使い手であり、呉一族、御雷流、因幡流からも一目置かれる暗殺者です。 
長年磨き上げられた四肢は肉どころか鉄板をも穿つほどの威力を誇り、余興で精緻な仁王像を素手で石壁に彫りあげるなど技術面も卓越している。 
わずか35歳にして至近距離でのライフル射撃を防いだ事で「先読みの極意」を取得、現在では「使うべき瞬間に使うべき技を使う」という武の極致に至っており、トーナメントで対等に渡り合えるのは滅堂の牙こと加納アギト位しかいないだろうと言われている。 
旧友の鷹風に頼み込み拳願仕合に参加。友である平良厳山の敵を討つ事が目的であると同時に、強くなりすぎた事によって生まれた自身の「孤独」を埋める相手を探している。 

黒木玄斎は最強?

※ここからはネタバレになります。

最終27巻のお話をさせていただきます。黒木は滅堂の牙である「加納アギト」も準決勝で下し、決勝で十鬼蛇王馬と対戦します。

結論から書くと、黒木玄斎が終始、十鬼蛇王馬を圧倒します。

やはり黒木玄斎は呉一族に匹敵する暗殺拳法の使い手。十鬼蛇王馬の強さをかつての全盛期の二虎を超えていると評価するものの、これまでの圧倒的な経験値の差が物を言う。

十鬼蛇王馬は「操流」と呼ばれる回避技で衝撃を緩和するものの、黒木玄斎の「正拳六連撃」はそれを許さないほど威力は強い。王馬に対して致命的とも言えるダメージを残していく。

十鬼蛇王馬は死亡!?

そして、拳願トーナメント終了後。

片原滅堂は会長の座を降ろされたものの、何故か上機嫌でどんちゃん騒ぎ。大企業同士の殺し合いの雰囲気はどこ吹く風。まさに拳願トーナメント終了後は、飲めや歌えのパーティーが開催。

この片原滅堂の代わりに会長の座に新たに付いたのが、黒木玄斎を雇っていたモーターヘッドモータース社長の鷹風。しかし、自分は自由でありたいという理由から、乃木グループ会長・乃木に拳願会会長の座を譲る。

一方、十鬼蛇王馬は黒木玄斎との一戦で意識を失ったままだったが、数日ぶりに目を覚ます。この一報を聞いた山下一夫は島中を探す。

何故なら、山下一夫は十鬼蛇王馬のおかげで変わることができた。うだつが上がらないヘボリーマンだったオッサンが、かつて憧れていた「夢」を思い出させてくれたから。

しかし、時すでに遅し。

山下一夫が発見したときには、既に十鬼蛇王馬の命は…。これまでのダメージの蓄積と無茶苦茶な試合は、完全に王馬の限界を超えていた。眠るように最期は息を引き取った。

ただ男になった山下一夫は「笑顔」で王馬の最期を送り出す。

山下一夫が本当の社長になり続編へ…

既に『ケンガンオメガ』と呼ばれる新シリーズが始まっていることからも分かるように、しっかり続編に繋がるような最終回になっております。

『ケンガンアシュラ』の真の最終回では黒木玄斎、加納アギト、今井コスモ、大久保直也などの「その後」が若干描写。ガオランや坂東洋平も次シリーズで登場しそうな雰囲気。当然、拳願会のそれぞれの社長の動向も描かれます。

ただ、最終話で重要なキャラクターがやはり「山下一夫」。

山下一夫はもともとヒラリーマンだったため、拳願トーナメントに参戦するために「山下商事」と呼ばれる架空の会社を作らされた過去があった。ある意味、正攻法ではない手段で拳願トーナメントに参加した。

でも大屋や義武などの社長の助けもあって、もともと勤めていた乃木出版の退社後、山下一夫は「株式会社・山下商事」を正式に設立。つまり、山下一夫は「本当の社長」として、また王馬の遺志を受け継いで再び拳願トーナメントに臨む…みたいな場面で完結します。

だから続編『ケンガンオメガ』の主人公も山下一夫らしい。また『ケンガンアシュラ』の最終回を読む限り、二虎流の真の継承者が次シリーズでは登場し、そのキャラがラスボスっぽい雰囲気も。

黒木玄斎の声優

黒木玄斎の声優は「玄田哲章」さんが演じられています。

1948年5月20日生まれ、岡山県出身。81プロデュース所属。本名・横井光雄(よこいみつお)。 逞しく威厳ある声で知られている。 

ご存知アーノルド・シュワルツェネッガー(シュワちゃん)公認の吹き替え声優。 
名前を知らない人にも「シュワちゃんの吹き替えの人」と言えばほぼ通じる。
 

このように説明されたら「あ〜!」となる方も多いのでは無いでしょうか?

キャラクター的にもベテランが演じられることには納得ですね。

【ケンガンアシュラ】黒木玄斎とは一体何者?声優や詳細まとめ

今回は黒木玄斎についてまとめました。桐生や加納アギト等のキャラが立ちまくっていたこともあり、決勝はどちらかが王馬と戦うんだろうなと思っていた筆者にとっては衝撃的でした。

桐生を倒した時点で「めっちゃ強い!」って気づくことができましたが展開としては全く想像していなかったので予想外でしたね。

「純粋に強い奴が勝つ」、ケンガンアシュラのコンセプトには則っているのが非常にケンガンアシュラという漫画を表現しているようで良いですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました